古着店REVAVAL様専用

<運用フォロー>

できる限り自分でメンテができる様になるためのフォローです。

ホームページ制作とは、人任せで制作中は本当に大切なものが見えない方が大半です。
なぜなら、実運用に入らないと真剣モードに脳が移行し難いからです。

 残念ながら通常は、完成引き渡しが済むと変更には追加費用が必要になります。

 同業他社の様子では、オーナーが望む通りに制作したホームページにオーナーがクレームをつける!

 これが普通の制作会社のいつもの光景の様です。

しかし、GWPDはここからが本当のホームページ制作だと考えています。

 

今後の無料サポートの流れ

<REVIVAL様からの依頼>
1 ホームページ全体構成の見直しをしたいとの連絡を受けました(4月17日)

➡︎可能です。
ホームページは決められた雛形からの制作ではなくすべてオリジナルで部品を掲載していますので、自由に並べ替えたり、追加・削除、背景を変えたり自由に行えます。

注意:一応元のページをコピーして、そのコピーで修正を行ってください(完成したら置き換えることができます)

フォロー:わからないところは先日同様、動画を撮影してYoutubeにアップしますので、そちらを参考にしてください。
(2020/4/18 Am06:00〜)

フォロー履歴

・レイアウト余白微調整と作業前のバックアップ手順について

①余白調整は、余白ーマージンとパディングで調整します。2020/5/20 Am 11:00

・POPアップの部品作成・登録・種類について(SEOで最重要な機能)

①ポップアップで開く部品はセクション単位の部品です。
クロスレファレンス機能を搭載して、内部対策として、滞在時間を伸ばすなど、あらゆる面でSEOに貢献する機能です。
積極的に使用して下さい。
2020/5/16 Am 11:11

・ご質問にお答えします。

①簡単に使える高機能画像ツールを教えて②メニュー内文字の調整手順を教えて③ポップアップ部品のメンテ手順を教えて・・です。2020/5/12 Am 9:20

・文字入力・囲い枠線等(基本操作)

2020/5/9 Am 8:00

・文字色の変更(変則パターン)

2020/5/6 Pm 6:30

・サイト全体構成を大幅変更しました。
(クリスレファレンスに対応)

2020/5/4 am 4:30

・最強SEOテクニック搭載
(クリスレファレンスについて)

サイト制作の概念を白紙にしてGoogle㊙️レポートとGoogle間マテリアルデザインをベースに、最先端のポップアップ技術を取りれました。
紹介LPページ>

2020/5/3 am 7:50

・制作したLPをメニューに登録する手順
・短縮URL作成手順

短縮URLはPretty Linksというプラグイン を利用します(短縮URLをのクリックされた回数うのアクセス数の確認も出来ます)

2020/5/2 am 6:00

・LPページ作成手順

本日よりLPページを作る作業に入りましょう。(雛形をコピーして写真とキャッチを入れ替えるだけです)
ここからはお客様目線でお客様は何を望んでいるのか?を頭を使い考える作業です。
2020/5/1  am 9:20

ヒント:いきなり作り出さないで紙の上で紙芝居の原稿(キャッチコピーで何を伝えるか?)
そして、リードコピーでどの様に伝えれば相手の心が動くのか?真剣に脳をフル回転してください(瞑想が最高です)
*マインドフルネスをググって、やってみてください。

9.LPページ作成は簡単です(実例サンプル用意)

ブログ記事で検索エンジンにヒットさせる以上に効果がありますのでLPページを量産して狙ったキーワードで上位表示を狙ってください。

今回、雛形をYoutubeを絡めるパターンと、
純粋に記事だけで作る2パターンを用意しました。

雛形をコピーして中身を修正しながら作ってください。

・LP雛形サンプル

LPの雛形はホームページ内に2パターンセットしました。
元ページはこちらのGWPDサイトからです。
①Youtube連携パターン> ②通常パターン>
③スマホとPCの画像の縦横比最適化版

2 自慢のサービス”オンラインピック”について説明資料を用意しましょう。

トップページで一押しで案内している、
オンラインピックについて、詳しくはお問い合わせになっていますので、
具体的にイメージで説明しましょう、
簡単な動画をYOUTUBEにアップでもいいと思います)

(2020/4/27 Am 7:35)

1 Yシャツアイコンによるメインメニューから一旦、Googleマル秘レポートに準拠した内容に変更してみました。

制作当初よりの希望でYシャツアイコンを利用したメインメニューでしたが、代替え案で制作してみました。

理由:奇抜なアイデアは良いと思います。
しかし、ユーザーに訪問いただいた最初の画面で、見た瞬間にメニューだと判断できて、どのようなページ構成になっているのかを瞬間で伝えなければいけない場面です。
ここは、Googleマル秘レポートに準拠した、わかりやすいメニューを強くおすすめいたします。
(現在は見やすい形の黒とシルバー色のメインメニューになっています)

*お客様の声・QAなどへの誘導にYシャツアイコンメニューを残しました。

※Yシャツアイコンに特別なこだわりがありましたら元に戻します。

(2020/4/27 Am 7:35)

1 重要!(御社対応業務優先順位見直しによるホームページ構成修正依頼の件

制作を開始して3週間で狙ったキーワードで上位1位・2位を獲得していますので、それを捨てないでいいように対応しようと思います。
(2020/4/26 Am 10:30)

8.SNSマーケティングは顧客獲得に有効です(実例あり)

ホームページだけではWEB集客で成功するのは難しい時代です。
今回はSNSを使ったマーケティングについてです。

私は現在1200名を超えるLINE友がいます。

そこでは、販売行為を殆ど行いません。

例えて言うと、50mプールに1リットル程度の広告データを流す程度です。
99%以上は有意義な情報を幅広くシェアすることに徹しています。

このように、LINE・Twitter・Facebook・ピンタレスト・インスタ・Youtubeなどで自分をアピールしてみてください。

今回は具体的なLINEトークの例をお伝えします。

こちらです
⬇︎⬇︎⬇︎

おはようございます。

今日はお友達に
GWPDの概要をお伝えするメッセージです。
https://progress.no1.plus/plan_x

こちらのURLを困っているお友達や
お知り合いにお伝えしてみてください。

 

・余白設定

3 画像やボタンやテキスト部品枠の余白設定について(上下左右の余白とパディングについて)解説します。
(2020/4/24 Pm 5:30)

 

3 画像やボタンやテキスト部品枠の余白設定について(上下左右の余白とパディングについて)解説します。
(2020/4/24 Pm 5:30)

2 商品ページのピックアップアイテム(ポップアップ)の登録・修正手順を解説します。
(2020/4/23 Am 8:00)

1 商品ページへの商品登録・修正の手順を動画で用意しました。
(2020/4/22 Pm 6:20)

7.デザインに利用する画像についてのポイント

画像サイズに注意して下さい(無駄に大きなサイズで画像を表示するとSEO的には大きなマイナスとなります。

画像サイズはMAX1280ピクセル(縦横大きい方)までにおさめる様にしてください。

ボリュームが100,00バイト程度までに抑えてください。

また、ワードプレスは画像保存時に複数サイズの画像を自動で保存する機能を標準で備えています。

 

ご自分のパソコン内でサイズ変換する場合は
”縮小専用(win)”というツールが便利です。

クラウドで処理を行う場合はこちらの

 

画像制作は、フォトショプ等を利用品お方は無料のcanvaというツールがおすすめです>

 

・複数ページの修正作業の簡単な流れ

2 複数ページを直接渡り歩きながらページを修正する手順です(ページ一覧ページの戻らなくても大丈夫です。
(2020/4/18 Pm 8:40)

・ページコピー・文字修正

1 ページコピー・文字の修正(Hタグの使い方・文字の大きさ・上下間隔等)・部品の移動等
(2020/4/18 Pm 4:20)

6.Googleマイビジネスとの連携

サービス業の方には、ワードプレスとGoogleマイビジネスの連携は必須です。

はじめは無料版でつないでください。

慣れてきたら飛躍的に効果を上げるために有料版を手に入れる方が大半です。

こちらをご覧ください>

AUTOSOCIAL

1 無料プラグイン はセット済みです。
繋ぐ処理を行ってください。
(2020/4/17 Am 10:20)

1 ブログ記事投稿とフォーカスキーワードについて
(2020/4/17 Am 7:20)

2 レイアウト修正(トグルと背景 ) 

5.成功の原理原則を確認しましょう!

ウェブの世界でも現実世界でも99%以上のお店や企業のホームページ・ブロガーさん・ユーチューバーさん達が勝ち組ではありません。ややもすれば負け組です。 これが現実です。

最大の理由は、人言の本質である”利己主義”があるためです。

何事に関しても、考えの基準が”自分にとってどうなのか?
というように、自分に得なことを選ぶように脳ができています。

成功するために必須なことは
”利他主義”に自分の脳を変える努力が必要です。

このサイトは、ページは、この記事はユーザーのためになるのか?ユーザーが喜んでくれる情報なのか?
もしかして、あなたの基準も儲けるためのキャッチコピー、儲けるためのバナー、儲けるための記事等になっていませんか?

アマゾンのようなウェブショッピングのサイトは逆で、探している商品を今すぐにでも購入したい人がアクセスしていますので、魅力的な商品のカテゴリー分けして沢山の商品をページ内で縦にスクロールして閲覧できる仕様で良いのです。

ただし、サービス業の方だけは、トップページの上部に、主要サービスの案内・お問い合わせリンクを掲載してください。

理由は、急ぎでサービスを利用したい人とのコンタクトをわかりやすくする為です。

補足:サービス業の場合は特に、Googleマイビジネスに力を入れて、狙ったキーワードで上位3位以内を獲得してください。

これを実現しないと、”無駄な広告費をかけないWEB集客”の成功はあり得ません。

 

他喜力

(たきりょく)

*他人を喜ばせる力をつけていきましょう。

 

4.ブログ記事発信をは、品質にこだわれ! 4.18追記あり

ユーザーのためにならないキーワードだけ埋め込んだ記事はゴミです。

やればやるほど、Googleからの評価は下がります。

ブログ記事は、内容を濃くするために追記・修正がベストです。
また、記事内には修正日が表示されてなければなりません(Google基準:Googleマル秘レポートより)

*GWPDの記事には修正日が表示されるように加工されています。

 

発信数を抑える代わりに品質をあげましょう

画像の品質をあげるには画像制作ツールが重要です。
canvaの無料版でもCOOLな画像を簡単に制作できます。
お試しで有料版登録すると背景透過のGIF画像を作れて、保存できるページが膨大になりますのでおすすめです。

CANVA>

 

2020/4/17追記

ブログ雛形にサイドバーを設置しました。
これは自動で記事一覧がサイドバーに表示されるエリアです(入力の必要はありません)

 

3.ライバル調査は:シークレットモードで

キーワード等の調査をするときは、
スマホのシークレットモードで行ってください。

通常モードで検索しても調査になりません。
一度検索したホームページは、次回から優先的に上位に表示されるので意味がありません。

2.最重要キーワード:古着屋

Googleマイビジネス・YELPの店舗目には必ず
”古着屋”を入れてください。

プラス
最寄り駅名等の地域名を入れてください。

例)

渋谷古着屋

ブログ記事にも必ずH2タグで、
”古着屋”を1回は入れてください。

理由は、最重要キーワード=Googleマイビジネスのカテゴリーだからです。

 

1.運用編:ブログ記事発信

昨日までで、キーワードの意味(お客様目線で、実際にお客様が検索するであろうキーワードについてフォーカスすることです)

オーナー目線の、売ろう!売ろう!という目線ではキーワード攻略はできません。

❶実際に検索されれいるワードを簡単に手に入れてください。
サジェストキーワードツール>

❷手抜きの記事の量産はNOです。
発信数に比例してサイトの評価は下がります。
(役に立たないゴミをネットに放出してはダメです)

 

続く・・・

1 4/14より運用を開始します。
ブログ記事の発信の練習をしましょう。

❶マニュアル基礎編はご覧ください。

❷ブログ発信手順もマニュアルをご覧ください
中段あたりの
運用編>簡単ブログ発信

❸DIVIの全体機能はこちらでチェック
DIVIでできることの全体像がわかります。
(2020/4/14 am 7:20)

あなたのサイト制作のナビゲーションはすべて私が行います。

あなたのサイト制作のナビゲーションはすべて私が行います。

Tsumita

個々のホームページ部品作成・デザイン部品作成等はスタッフが担当しますが、全体のナビゲーションは積田(つみた)が直接担当しますのでご安心下さい。

そのために、LINE@への登録は行ってください。

緊急電話(Am4:40 〜 Pm23:30)対応可能

私は国内オリンピック競技の公式サイトの制作・運用・保守をワードプレスで6年以上行ってきました。
その間、大きなトラブルも無く順調にワードプレスの技術を上げることができました。
ご購入後、いざというときのトラブルも対応可能ですのでご安心ください。
現在は、他社ではたやすく追いつけないレベルのワードプレス総合サービスを形にすることができました。
インターネット検索の王者(Google)・ネット業界通販の王者(アマゾン)を常にフォーカスして良い所を積極的にサイト制作に反映しています。

よろしくお願い申し上げます。