世界中のホームページ記事の99.9%は相変わらず静止した紙芝居です。

これではダメです。

動画を組み込んでもスタートボタンはほとんど押してもらえません。

やるべきは、訪問者の潜在意識に、サクッとインパクト動画を投げ込むことです。

これこそ、

Google推奨のマテリアルデザインの要素を記事作成にも取り入れた戦略です。

あなたのお店・サービスの紹介動画を数秒撮影して、LINEで動画を送っていただければ、上のように自動で動き出すキャッチ画像にします。

 

止まった写真(今までのように)だとインパクトなかった商品が、動きによって効果が大きいキャッチに生まれ変わります。